平成28年熊本地震へのお見舞い

 平成28年熊本地震で被災されました皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
 救援や支援活動に参加されている会員の皆様におかれましては,きびしい状況での活動に対し深く敬意を表します。今後復旧に取りかかられても、震災前の日常状態に戻るのには大変なご努力が必要であると拝察しております。
 一日も早い震災の終息と被災地の復興をお祈り申し上げます。

日本音声言語医学会
理事長 大森 孝一

第61回日本音声言語医学会総会・学術講演会のご案内

会 期:2016年11月3日(木)~4日(金)
会 場:パシフィコ横浜

上記の通り,第61回日本音声言語医学会総会・学術講演会を開催致します.皆様方の多数のご参加と演題のご応募をお待ちしております.
学術講演会においては,特別講演,教育講演,シンポジウムなどの企画を予定しております.奮ってご参加ください.

≫ 第61回日本音声言語医学会総会・学術講演会のご案内

日本音声言語医学会 40周年史および50周年史

日本音声言語医学会 60周年記念にあわせて、日本音声言語医学会 40周年史および 50周年史を掲載いたしました。下記よりご覧ください。

≫ 記念誌(日本音声言語医学会 40周年史および50周年史)

WORLD VOICE DAY 2016 協賛企画を募集します

 WORLD VOICE DAYは声の大切さをアピールするために組織された世界的なイベントです。毎年4月16日を「国際声の日」と定め、世界中で声に関連する様々な催しが行われています。
 日本音声言語医学会では国際音声言語医学会の関連団体として本企画に協賛し、これまでポスター制作等を通じて学会内外での広報活動を行ってきました。
 このたび、国内で開催される音声関係の企画をWORLD VOICE DAY 2016 eventとしてウエブサイト上に登録し、日本の「国際声の日」における活動を全世界に広報してゆきたいと考えます。
 下記の条件に合致する企画を準備中で、趣旨にご賛同いただける会員は、是非ご登録ください。

≫ WORLD VOICE DAY 2016 協賛企画 詳細

平成27年度(第9回)音声言語医学に関する研究助成審査結果

応募数4件を慎重に審議した結果、2件を採択しました。

≫ 平成27年度(第9回)音声言語医学に関する研究助成審査結果

音声言語医学誌 投稿規定改定のお知らせ

2013年10月17日より音声言語医学誌の投稿規定が改定されました。 2014年1月20日以降に投稿される場合は改定された投稿規定に準じてください。

≫ 音声言語医学誌 投稿規定(2013年10月17日改定)

「VHI」と「V-RQOL」の日本音声言語医学会推奨版

「VHI」と「V-RQOL」の日本音声言語医学会推奨版を公開いたします。

≫ 声に関する質問紙(VHI)ダウンロード PDF形式

≫ 声に関する質問紙(V-RQOL)ダウンロード PDF形式

音声言語医学誌バックナンバー Journal@rchive収載のお知らせ

音声言語医学誌バックナンバー(1巻~49巻)を独立行政法人科学技術振興機構(JST)運用のJournal@rchiveに収載しました。各論文の抄録、引用文献、全文PDFが閲覧できます。下記よりアクセスして下さい。

http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnltop_ja.php?cdjournal=jjlp1960

なお、50巻以降はJ-STAGEにて閲覧できます。

http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjlp/-char/ja

音声言語医学誌 J-STAGE公開のお知らせ

音声言語医学誌をJ-STAGEで公開しました。J-STAGEは(独)科学技術振興機構が運営する論文データベースです。各論文の抄録、および引用文献と全文PDFが閲覧できます。また、引用文献のリンク機能、著者名やキーワードでの検索機能を有しており、大変便利です。

●抄録は、どなたでも閲覧できますが、引用文献と全文PDFを閲覧するには、パスワードが必要です。 パスワードは学会誌の毎年2号に挟み込まれている用紙を参照して下さい。

下記よりアクセスして下さい。
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjlp/-char/ja

また、当学会ホームページの学会誌の目次に付されているJ-STAGEボタンからも参照できます。

日本音声言語医学会編「新編 声の検査法」発行のお知らせ

「新編 声の検査法」(日本音声言語医学会 編、医歯薬出版)が発行されました。
詳細は下記、医歯薬出版のホームページよりご覧下さい。
http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.cfm?bookcode=213290

≫ 日本音声言語医学会 出版物